LINE公式アカウント追加でプレゼント

せどりの返品率ってどのくらい? 2018年度のデータ公開!

なみのりです。

今回はせどりの返品のデータについて公開したいと思います。

返品の件数

2018年度の返品の件数は91件でした。

ちなみに、売れた数は6006個なので返品率は約1.5%です。

 

ただし、そのまま販売可の商品は30件です。

具体的には、配送不可や購入者都合の返品などです。

さらに、Amazonに壊された商品が8件ありました。

そして私のミスが13件ありました。

また、さらに不良品ではないのに、客様の一方的な返品が21件です。

これらの返品はもちろん返送掛けてそのまま再出品したら返品なく売れました。

これらの合計は72件です。

 

本当の故障は19件のみです。

ですので、実質的な返品率は約0.31%です。

実質的な返品というのは本当の故障や不具合等です。

300件あれば1件は不具合あるという計算になります。

 

不具合や故障の内訳は19件のみです。

ちなみにその内14件は中古家電です。

データからわかること

不具合や故障はそれほど気にしなくていい

不具合や故障は全体のほんのわずかです。

これは避けられようがないです。

ある程度は受け入れましょう。

不具合や故障が多いものは傾向がある

19件中14件は中古家電でした。

またさらにその中の5件はプリンターでした。

またその他にも故障になりやすい中古家電の傾向はありました。

まずは自分のミスを減らすこと

正直人間なので誰でもミスはいっぱいあります。

ミスというのは若干の型番の違いで商品登録を間違えた商品が多いです。

色を間違えることも多いです。ピンクかと思ったら、パープルだったなどです。

これは人だから仕方がないですが、気を付けるしかないです。

客の一方的な返品を減らすことが第一

これについては本当に頭おかしい人もいます。

全く商品説明を読まない方も一定数います。

あとは「非常に良い」では無かったとか主観で判断される方も多いです。

「良い」を「ほぼ新品」くらい綺麗だと思っている方もいます。

ですが、このような客はほんの一部分です。ある程度は割り切りましょう。

 

問題は避けようと思えば避けられる返品です。

具体的には、本体のみって書いているのに、リモコンが無かったと返品されることが意外と多いです。

「リモコンは付属しません」と書けば避けられたでしょう。

ただこのような対策は結構コツが要ります。

詳しい返品のデータや対策はnoteで

今回私が販売している「中古家電せどりのオリジナル手法」では大幅なアップデートを行いました。

その中のメジャーな更新として返品について掲載しました。

主に以下のことを掲載しました。

  • 2018年度の中古家電に関連するもの返品(26件)の商品名と返品理由
  • 具体的な返品の理由や対策
  • 返品を減らす商品説明の書き方や考え方
  • また2019年度以降については随時更新しています

 

仕入れの方法など攻めの方法はもう十分書いていますので、今回は守りの部分をアップデートしました。

 

また、「中古家電でせどりのオリジナル手法」について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

非公開: 有料noteの「中古家電せどりのオリジナル手法」ってどんなnote?

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す