LINE公式アカウント追加でプレゼント

Amazonの新品刈り取り 法人・個人事業主に限り解禁

なみのりです。

今回は新品の刈り取りについてです。

この件についてはガセを偉そうに発信している方が多いのでご注意ください。

まあ、一言で言えば調査の仕方がめちゃくちゃ甘い人達です。

こういう人たちはコンサルはもちろん、Twitterやブログなど情報発信する資格ないです。

そういう人達に惑わされないように注意しましょう。

ただし、この記事を読んだだけで刈り取りOKなんだと思って刈り取りするのはやめてください。

少しはご自身でも調査してください。

 

結果から申しますと、個人事業主・法人からの仕入れに限り刈り取り解禁です。

 

刈り取りの規約

今までは新品の販売のガイドラインにこうなっていました。

以下の商品は、Amazonで「新品」として出品することはできません。

  • 個人調達商品(個人事業主を除く)。
  • メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品。
  • Amazon.co.jpで調達された商品(Amazonマーケットプレイスを含む)。

 

それが久しぶりに見たら記述が変わっているんですよ。

以下の商品は、Amazonで「新品」として出品することはできません。

  • 個人調達商品(個人事業主を除く)。
  • メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品。
  • 出品自体が禁止されていないプロモーション品、プライズ品、おまけなどの新品としての出品は禁止されています。出品する場合は、コンディションガイドラインにしたがって、中古品として該当するコンディションで出品してください。

なお、中古品として出品する際は、プロモーション品、プライズ品、おまけなどである旨を商品詳細ページ、またはコンディション欄に明記してください。

  • Amazon.co.jpで調達された商品(Amazonマーケットプレイスを含む)。

の記述が消えていますね。

 

ですが、プライズ品のくだり増えましたね。

でもこれは元々書いてありました。

ですが、今のところお咎めなしなので自己責任ですが問題はないです。

ちなみに、以前こちらの記事でプライズ品の新品がだめだという話はしました。

プライズ品を新品で出品したら規約違反

 

いざテクニカルサポートに電話

他の問い合わせを電話で聞くついでに刈り取りの件聞いてみました。

そしたら、個人事業主・法人からの仕入れに限り刈り取り解禁と回答いただきました。

でもこれは電話なので形に残りません。

 

そこで、メールで一言で良いのでこの件について形に残したいので送ってくださいとお願いしました。

もちろんこの際に担当者によって答えが異なっているので困惑していることもお伝えしました。

しかし、メールは届きませんでした。

 

メールにて確認

そこで、今度はメールにて確認をしました。

すると結構待たされましたが返信来ました。確か24時間以上は待ちました。

この人達メールだと異常にレスポンス悪いです。

以下回答です。

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。
この度はAmazonのご利用について大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

コンディションガイドラインの「新品」として出品できない商品につきましては、
ケース〇〇にてご案内させていただきましたとおり、現状あくまでも「仕入れ元が個人の場合は新品の出品はNG」といった認識で間違い無く、
個人事業主様や法人で販売されている出品者様より仕入れた商品につきましては新品にて販売いただいて問題ございませんのでご安心下さい。

Amazonのご利用について大変不明瞭な点があり申し訳ございません。

ご案内は以上となりますが、その他ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
出品者様がAmazon.co.jp を快適にご利用いただけるよう、可能な限りお手伝いをさせていただきます。

今後ともAmazon.co.jp をよろしくお願いいたします。

ここまではっきりと明言している以上大丈夫です。

 

なぜ刈り取り解禁ではないと情報発信する方がいるのか?

この人たちはテクニカルサポートが如何に適当で杜撰かを分かっていません。

電話受けた人、メールを受け取った人によって対応が異なります。

他人事のような対応を取る方はいるし、間違いを平気で言う方もいます。

だからテクニカルサポートが絶対に正しいと信じるのは危険です。

もし違和感等感じたらもう一度問い合わせしてください。

 

またアカウント停止等に関わることは再度確認のメールを送ることは大事です。

規約の解釈を無理矢理こじ付けることもあるので、常識で判断することは危険です。

当たり前や常識だと判断することも危険なので確認をしておきましょう。

もし、何か言われた時にメールがあれば反論ができます。

 

特に今回は刈り取り解禁と答えた担当者と、解禁ではないと答えた担当者にかなり割れています。

もし刈り取り不可能と言われたら、もう一度同じ質問をぶつけてください。

 

解禁されていないと発信する方はただの調査不足です。

情報発信者としてかなり致命的でしょう。

 

ちなみに、酷い対応された例も載せておきます。

正直細かい例を挙げたらこのブログに書いていないものもあります。

Amazonの購入垢のクレカ削除したら入金止まりました

 

 

ただし一番悪いのはAmazon

情報発信者ばかり責めても仕方がないのでAmazon責めます。

 

まず、テクニカルサポート全体で考え方がまとまっていないAmazon悪いです。

教育がきちんとなされていないのが伺えます。

 

あと、規約がわかりにくいです。

きちんと、「個人からの仕入れはだめですが、個人事業主または法人はOKです」って書けばいいのに、
明記しないから変な解釈が生まれるわけです。

まあ普通常識で考えればわかりますが、Amazon内部では常識が通じない人がいるのでこうなっています。

ただしこの記事を見て刈り取り実行は危険

まあここまで明言しているので刈り取りは大丈夫でしょう。

ただし無理矢理解釈をこじ付けるなどいろいろ考えられます。

ですので、新品の刈り取りをしたい方は必ずご自身でテクニカルサポートに問い合わせてください。

まとめ

個人で仕入れた商品を新品で出品するのは相変わらずだめです。

たまに、Twitterやメルマガでドヤ顔でメルカリやヤフオクで仕入れた商品を
自慢している方がいますがアウトです。

 

まあ、Amazonで購入した商品をそのまま新品で出品するのがだめな意味がわからないですからね。

Amazonからしてみれば、刈り取りで手数料取れて、さらに刈り取りの販売で手数料取れます。

Wで手数料取れます。全くAmazonからすればデメリットないですからね。

 

ただ今後急に規約変更はありえますので、自己責任でお願いします。

 

追記:

シスターさんが当記事を取り上げていただきました。

(訂正も込めて)amazonの刈り取りは本当に解禁されたのか?

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す