LINE公式アカウント追加でプレゼント

ワカルンダの機能まとめ 使い方と評判は?

今回セラースケットのアプリ「ワカルンダ」について解説します。

セラースケットに入ると全会員がワカルンダを使えます。

 

多くの方が思っている疑問は「せどりすとプレミアムやアマコードプロの代わりになるのか?」でしょう。

結論を申し上げますが、確実に一歩一歩進歩を遂げていますがまだ惜しいです。

他のアプリでは普通にできることができなかったりします。

 

 

ワカルンダの機能

検索アプリ

検索アプリです。店舗せどりで検索するのに使えます。

 

カスタムボタン

カスタムボタンを設定できます。

 

カメラからのバーコード検索の精度が異常に高い

せどりすとプレミアムもかなりカメラの精度が高いイメージがありますが、それ以上だと言っても過言ではないです。

 

ダブルスクリーン

safariなど別のアプリのブラウザに飛ばないのでサクサク操作できます。

ワカルンダ内でAmazonのページやKeepaやデルタトレーサを確認できます。・

 

独自に計算された売り切り確率

モノレート閉鎖後に導入された機能です。

大体こういう機能ってアルゴリズムが解説されていなかったり、仕入れ判断がしにくいものが多いです。

なみのり個人的には、セラースケットの売り切り確率は評価しています。

データのアルゴリズムとしては、「売れ筋」×「競合数」×「将来予想」と公表されています。

おそらくですが、Amazonのカテゴリーの商品数と現在のランキングで売れ筋、現在の出品者数などから確率を計算しているのではないかと考えられます。

非常に合理的な計算です。

 

「10日以内」、「30日以内」、「90日以内」って期間を分けたのが上手いなあって。

開発者の方はよく思いついたなあって感心します。

 

ただ、大体は感覚通りですが、一応デルタトレーサなどのグラフは見た方が良いです。

 

このデータではこれらのことは大体判別付きます。

  • 「飛ぶように売れる商品」
  • 「そこそこ売れる商品」
  • 「まあまあ売れる商品」
  • 「たまに売れる商品」

ただし、時期やトレンド等でぐちゃぐちゃになることもあるので一応デルタトレーサやKeepaなどで確認はした方が良いです。

 

ちなみに、この売り切り確率はchromeでも見れます。

 

危険度判定

出品したら真贋調査や知財になる可能性のある商品は危険度が表示されます。

 

4段階で危険度表示

仕組みとしては、ABCDの4段階で危険度が表示されます。

 

理由の表示

危険の理由も書かれています。権利絡みは要注意です。

  • 「真贋の疑い」
  • 「ランダムピック型真贋調査」
  • 「信憑性の疑い」
  • 「知的財産権侵害」
  • 「商標権侵害」
  • 「意匠権侵害」
  • 「特許侵害」
  • 「嫌がらせ被害」
  • 「メーカー取り締まり商品」

セラースケットの登録はこちら>
↑公式サイト&20日間無料↑

 

価格改定ツールと連携

スマホから価格改定設定

 

スマホアプリで売上集計、注文一覧を確認

 

商品が売れた際のプッシュ通知

商品が売れた場合、プッシュ通知にて商品情報と残在庫数がスマホに通知されます。

もちろんオフにすることも可能です。

【激安・高機能】セラースケットの価格改定ツールを実際に使ってみた

 

その他

レシート保存

セラースケットの登録はこちら>
↑公式サイト&20日間無料↑

 

 

今後に期待したい所(デメリット)

バーコード読み込んでから表示までのスピード向上

カメラでバーコードを読む込むまではスムーズで精度が高くて良いのですが、表示されるまでが遅いです。

運営も自覚しているので改善はされるでしょう。

 

カスタムリンクを自由に作成

現状検索画面からそのままま自動でその検索した商品のぱページに飛ばせるのは、Keepaとデルタのみです。

例えば、リーファやメルカリや楽天とかネットショップへの自動検索はできません。

せどりすとプレミアムやアマコードプロのように、URLの末端を{ASIN}、{JAN}、{title}の設定で好きなサイトのカスタムボタンを設定できるようになるのを期待しています。

連絡した所今後実装予定だそうです。

 

インストアコード非対応

ワカルンダはブックオフなどのインストアコードには非対応です。

導入予定を聞きましたが、「本せどりでは真贋調査起きないのでインストアコードは後回しにしている」とのことです。

他の検索アプリでは、無料でも当たり前のようにインストアコード対応しているので、ブックオフでは他のアプリにした方がいいです。

 

本・ゲーム・DVDせどり中心であればせど楽チェッカーがおすすめです。

【モノレートの代替?】せど楽チェッカーを実際に使ってみた

 

コンディション「良い」以上に絞る機能

例えば、古本だと中古のみで最低価格を検索したら書き込みのある「可」も検索結果に含まれてしまいます。

もし「良い」以上で絞れたら書き込みのある本の価格を除外して検索することができます。

もちろんせどりすとプレミアムやアマコードプロにはあります。

 

価格改定ツールとさらに連携

PCから価格改定ツールで出品したらテンプレをカテゴリー・コンディションごとに細かく設定できます。

 

ですが、スマホからだとコンディション別にしか設定できません。

さすがにもったいないので、「価格改定ツールのテンプレと連携して欲しい」と要望を出しました。

 

中古の写真撮影

プライスターとせどりすとプレミアムはアプリから写真撮影可能です。

 

アマストリームやCappyはQRコードを読み込んでWEBツールから中古写真の撮影ができます。

ただWEBツールなので使いにくいです。

 

最近では写真撮影の重要度が上がっています。

写真を撮影することの最大のメリットはすり替え・引き抜き対策です。

 

最近はすり替えや引き抜きが起きて、テクニカルサポートに申請しても露骨に補てんしません。

規約にもないことや、規約を拡大解釈して拒んできます。

だから自分でけん制したり、証拠を確実に用意する必要があります。

 

写真を撮影しておけばそもそも悪質な人も「この人は証拠があるからやめておこう」ってけん制することが可能になります。

最悪起きた場合でも確実な証拠をテクニカルサポートや警察に提出できます。

 

また付属品が多い商品は、付属品を1個1個書くのはめんどくさいので、「付属品は写真をご覧ください。」とやれば手間が省けます。

 

操作性の向上

操作性に若干違和感があります。

一括操作不可

全体的に仕入れリストを除いて一括操作がありません。

 

仕入れリストへ一括追加・削除

仕入れしたい商品の「利益計算ボタン」をクリックして「仕入れリスト」に追加するのですが、1点1点追加しなければなりません。一括操作できません。

一々利益計算ボタンを押して2クリックもするのめんどくさいです。

余談ですが、カスタムボタンに「仕入れボタン」を追加する提案しましたが、却下されました。

 

ちなみに、せどりすとプレミアムはカスタムボタンから仕入れリストに追加できます。

もちろん一括仕入れリスト追加・削除も可能です。

 

一括操作はアマコードプロでもできます。

 

検索履歴一括削除

ワカルンダでは検索履歴の一括削除はできますが、不便な場所にあります。

 

利益計算が使いにくい

 

例えば、セラーセントラルのアプリですが、今入力している所が青色の縦棒で表示されています。

これがないのが地味に不便です。

セラースケットの登録はこちら>
↑公式サイト&20日間無料↑

 

 

今だけのキャンペーン実施中

【11月】送料負担キャンペーン

11月に総額予算300万円のキャンペーンを開始します。

上限は条件がありますが、1人1万円までで、セラースケットの価格改定ツールから出品することが条件になっています。

軽くルールがわかりにくいので、別記事で解説しました。

セラースケットが送料負担キャンペーンを開始 ルールや注意点は?

 

さらに今だけ2000円分のポイントGET

2020年末までのキャンペーンで、20日以上継続で2000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施しています。

 

ちなみに、セラースケットも価格改定ツールも20日間無料なので、気に入らなければ20日間で解約すれば料金掛かりません。

セラースケットの登録はこちら>
↑公式サイト&20日間無料↑

 

 

お申し込み方法

①セラースケットに登録

まずはこちらからセラースケットに登録してください。

登録自体はすぐできます。

 

②価格改定ツールを登録(+500円)

価格改定ツールも申し込み場合は別に登録しなければなりません。

 

登録が終わったら、トップページから「セラスケ価格改定ツール」をクリックします。

 

「既に登録済の会員様はこちら」をクリックします。

 

在庫同期が遅すぎるので、価格改定ツールの設定をしてもすぐには使えません。

寝る前とか、仕事とか用事の前とかに登録することをおすすめします。

 

とりあえず、20日間無料なのでお試しを!

セラースケットの登録はこちら>
↑公式サイト&20日間無料↑

 

まとめ

現状ワカルンダは機能としては惜しいです。

月5日程度の仕入れであれば、ワカルンダで十分です。

週に2日以上仕入れするならば他のツールにした方がいいでしょう。

【完全比較】今はせどりすとプレミアムよりも、「アマコードプロ」 【モノレートの代替?】せど楽チェッカーを実際に使ってみた

 

関連記事

【激安・高機能】セラースケットの価格改定ツールを実際に使ってみた

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す