LINE公式アカウント追加でプレゼント

お客様が偽物だと返品したので真贋調査になりました

なみのりです。

前回は意味もわからず中古商品で真贋調査にあったお話しをしました。

中古商品で真贋調査に合いました

今回はお客様の苦情で真贋調査になったお話しです。

 

真贋調査までの経緯

対象となったものは具体的な商品名は控えますが、絶対に誰もが使う消耗品です。

ぶっちゃけ消耗品ですので、そんなに外箱汚くても気にしないだろうと思い、外箱が汚いまま出品しました。

それが全ての調査の始まりの原因です。

 

汚いって言っても個人の商店(ドラえもんのジャイアンのお店みたいな感じ)には普通に置いてありそうな感じです。

売れ残りでありそうな感じです。

 

まず評価1が付いた

複数出品していて残りの1個でした。他のお客様は別に苦情ありませんでした。

 

で、後々偽物だと返品するお客様ですね。

そのお客様が複数その商品を欲しかったのでしょう。

複数商品を注文したいのですが、うちの在庫は1個しかありません。

だから、他のお店で商品をもう1個注文しました。

どちらもFBAの商品です。

 

そして、お客様に商品が届きました。

私の方は外箱が汚いことに腹を立て、もう片方は入っている中身が違ったそうです。

そこで、お客様は腹を立て私ともう片方のお店に同じ評価を付けました。

評価1「●●は新品と思えないほど汚く、△△は偽物だった」と付けました。

 

FBAの落とし穴

皆さん疑問に思ったことありませんか?

同じ商品を違う出品者から複数購入した場合、同じ段ボールに入れて送られてきます。

FBAで複数のお店から注文した商品はどのお店から注文したか見分けがつかないのか?ですね。

 

実は見分けできません。

 

私も客の立場で体験したことあります。

私は同じ本を大量に刈り取りすることがよくありますが、たまに書き込みがある本があります。

FBAだと同じ箱に同じ商品が複数入ってたら、どの店舗が書き込みのある本を送ったのかわかりません。

カスタマーセンターに電話して聞いてもわかりませんでした。

てか、貼ってるラベル違うんだからそのFSKUの番号から見分け付くだろと思うのですがね…

ここ本当に改善して欲しいです。

 

だからお客様はこういう風にするしかないのです。

 

そして真贋調査

別に私の商品は偽物ではありませんが、真贋調査になりました。

実際のメールです。

要ご対応:出品キャンセルのご連絡

平素はAmazonをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫につきましては、まだ削除の対象ではありません。出品キャンセルを行った商品は、本Eメールの末尾に記載されております。

この決定に対し、90日以内に異議申し立てがない場合は、真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫はすべて、出品者様の負担にて廃棄される場合があります。

出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただけますようお願いいたします。改善計画の作成について詳しくは、セラーセントラルのヘルプをご覧ください。改善計画をご用意いただきましたら、セラーセントラルのパフォーマンス通知ページにて、このメッセージの隣に表示されている「対応について詳細を連絡する」ボタンをクリックしてください。

また、ASINごとに以下の情報もご提出ください。

  • 仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
  • 仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。

ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gifのいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正規の資料で改訂されていないものである必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。当サイトではお客様の仕入れ先情報の秘密保持に常に努めております。

ご提出いただいた情報を確認し、出品を再開できるかどうかを判断させていただきます。出品者様の商品についてさらに問題に関する連絡が寄せられた場合は、直ちにアカウントを閉鎖させていただく場合がございますのでご了承ください。

Amazonでは、偽造品の販売は厳しく禁止されています。真贋に関するご連絡があった商品について有効な請求書または領収書をご提出いただけない場合、該当の商品のFBA在庫は出品者様の負担にて廃棄される場合がございますのでご了承ください。

アカウントの健全性については、セラーセントラルの「パフォーマンス」セクションでご確認いただけます。

Amazonのポリシーについて詳しくは、セラーセントラルのヘルプページをご覧ください。

  • Amazon偽造品の取り組み (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201165970)
  • 規約・ガイドライン (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/521)
  • 出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項 (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200386250)
  • 商品詳細ページの規則 (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200390640)
  • コンディション・ガイドライン (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200339950)

このEメールの内容に関するご不明点は、直接返信を行う形でご連絡ください。出品操作に関するご不明な点がございましたら、テクニカルサポート
(https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/contact-us)までご連絡ください。

Seller Performance Team

あっちの真贋調査のメールとは若干違いますね。

こっちの方が怖いですねw

中古商品で真贋調査に合いました

 

まずはテクニカルサポートに電話しました。

「ぶっちゃけホームセンターに仕入れした商品なので小売店のレシートでもいいか」と聞いたら

いいと返ってきたのでレシートを送りました。

 

すると数時間後にメールが返ってきました。

恐れ入りますが、小売店関連の書類は、正しい商品と数量が記載されていない場合、請求書として認められません。つきましては、出品者様の下記出品をキャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

「テクニカルサポートに電話して数量書いてますよね?」って確認してもらって、アカウントスペシャリストに送ってもらいました。

そして数時間後メールが返ってきました。

恐れ入りますが、今回ご提出いただいた小売店関連の書類は、出品者様が購入したことが確認できる、購入者名、クレジットカード番号等が記載されていない場合、請求書として認められません。つきましては、出品者様の下記出品をキャンセルさせていただきましたのでご了承ください。

言ってることむちゃくちゃですよねw

あんたは日頃から、コンビ二で水を買う時レシートに、名前とクレカの番号書いてもらうのかよってwww

個人情報ガバガバすぎるだろってwwwwwwww

てか、たとえ卸やメーカーで仕入れてもこんな個人情報ガバガバな請求書は発行しないでしょwwww

 

さすがに無理だと判断しました。

もう出品しないということ、次に書きますが、お客様と連絡とって私のは偽物ではないという言葉をいただいたので、

そちらを送りました。

すると数時間後メールが来ました。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご連絡いただきました内容確認致しました。
お手数おかけいたしました。
出品者利用規約の遵守にご協力いただきありがとうございます。

解決しました。

 

お客様とのやり取り

評価1が付いてすぐにメールで謝りました。

私のは偽物ではないという確証がまず取れました。

 

そして、Amazonに評価削除の申請をしました。だって私のは偽物ではないですから…

いつもは自動で消えるのになぜか消えませんでした。

そこで、「お客様に大変申し訳ないですが、私のは偽物ではないので評価削除していたでけませんか?」

とお願いしたら消して貰えました。

ただしこれはかなり、リスクがあるので気を付けなければなりません。

 

まとめ

今回はもちろん私も悪いっちゃあ悪いですが、飛んだとばっちりを受けました。

いくつか反省をしました。

 

新品は気をつけろ

新品の商品はかなり精査を厳しくした方がいいです。

ほとんどのお客様は大丈夫だと思いますが、今回のお客様みたいに神経質なお客様もいます。

 

ただし、中古商品については「非常に良くなかったです」「ほぼ新品ではありませんでした」

というクレームは全くないとは言えませんが、基本的にはないので、できるだけコンディション高めにした方がいいです。

(何件かあったのは全て本で常識がちょっと通じ…さそうな感じの人でした)

 

ラベルを貼り間違えるな

皆さんも経験あるのではないでしょうか?

「普通では違う商品が届いた」の返品であれば特にお咎めありません。

 

ラベルを貼り間違えると、今回のように偽物だと騒がれることもありえます。

むっちゃ怖いですね。

これは貼り間違えないようにするしかないです。

 

普通に24面のラベルを貼ってたら結構の頻度で間違えます。

似たような名前が並んだら、ミスりますからね…

 

そこでプライスターのスピード納品をオススメします。

1個1個バーコードをスキャンして印刷するのでまず間違えません。

【神対応】プライスターがスキャン納品の類似機能を実装

 

商品登録を間違えない

これも経験ある方いらっしゃるのではないでしょうか?

色違いとか並行輸入品とか若干の型番違いで商品登録間違えたことある方いらっしゃるのではないでしょうか?

これも偽物だと騒がれたらめんどくさいことになります。

気を付けましょう。

 

関連記事

真贋調査の最新情報はこちらの記事でまとめています。

【2020年完全版】真贋調査の対処方法と対策

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す