LINE公式アカウント追加でプレゼント

【有料版】NEWタイプデルタトレーサーを実際に使った感想 評価や評判は?

今回モノレートの代替ツールのNEWタイプデルタトレーサーを試してみました。

結論から申し上げますと、非常に使いにくかったのですが、運営が迅速に改善していただけたのでかなり使いやすくなりました。

中古のコンディション別・プライムのグラフが見れるのでリーファよりもおすすめです。

NEWタイプデルタトレーサー公式サイト

 

無料版はいつ閉鎖してもおかしくない状態

一応公式では2020年9月末で終了となっておりますが、10月現在でも問題なく使えています。

ただいつ無料版は終わってもおかしくない状態です。

有料版では、無料では見れなかった全期間のグラフが見れます。

 

 

料金

他の有料ツールであるKeepaやリーファとも比較します。

全て税込みです。

Keepa 月15ユーロ・年契約140ユーロ(月約1800円、年契約21000円)
NEWタイプデルタトレーサー 2200円/月
リーファ 2178円/月

 

 

NEWタイプデルタトレーサーのメリット

中古のコンディション別・プライムのグラフが見れる

中古のコンディション別・プライムのグラフが見れるのは、デルタとKeepaのみです。

この手のモノレートの代替ツールでは数少ない見れるツールです。

リーファでは中古のコンディション別・自己発送・FBA別のグラフが見れません。

 

Keepaより表示が速い

Keepaの最大のデメリットは表示が遅いことです。

ただデルタと言えば、無料版で重いと思った方も多いでしょう。

最初は有料版でも無料版同様重かったですが、すぐに改善されて速くなりました。

 

NEWデルタトレーサーはリーファほどは速くないですが、十分な速さです。

 

Keepaよりグラフが見やすい

Keepaは小さなギザギザな変動がありますが、デルタトレーサーは省いています。

これはモノレートと同じです。

おそらく小さなギザギザは自然な変動で売れたわけではないかと思われます。

 

同じ商品のグラフですが、上はデルタトレーサーで下はリーファです。

 

一方でリーファはギザギザを省いていません。

リーファもデルタも売れた個数見れますが、リーファの方が小さなギザギザをカウントしているので同じ商品でもかなり多く売れた計算になっています。

 

デルタでもデータを独自に取得

今後Keepaがなくなる可能性に備えて独自にデータを取得しているのでしょう。

ワンクリックで切り替えできます。

ただよっぽどランキングが高い商品でもない限りグラフは表示されません。

今後データを蓄積していくのでしょう。

 

運営の迅速な対応

定期的に機能の改善をしています。

(更新履歴は会員じゃないと見れないので、LPなど誰でも見れる場所に配置した方がいいと思う)

 

当記事で、電卓など邪魔してて使いにくいと酷評していましたが、閲覧して頂いてもの凄いスピードで改善されました。

凄フットワークが軽く今後期待できそうな運営だと思います。

NEWタイプデルタトレーサー公式サイト

 

 

NEWタイプデルタトレーサーのデメリット

実際に使ってみてデメリットもいくつかありました。

グラフがスマホから見ると崩れる

なんかよくわからないですが、ちょっと崩れています。

これも改善するということなので、期待しています。

 

カメラ検索の精度が悪い

一応WEBツールですが、カメラでバーコード検索できます。

かなり精度は悪いです。

一方でリーファはカメラ検索の精度はかなりいいです。

こんなに精度悪いならば手打ちで検索するかなって感じです。

 

契約後すぐに使えない

公式では申し込み後48時間以内にログインの情報等がメールで届くことになっています。

ちなみに、なみのりは朝の5時に申し込みして、メールは3時間後の8時に来ました。

たった3時間と思う方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、かなりイライラしました。

無料期間もないのに、最大48時間待たす前提なのはどうかなって思います。

あと、リーファは申し込み後すぐにメール来ました。

NEWタイプデルタトレーサー公式サイト

 

 

解約方法は?

NEWタイプデルタトレーサーはinfotopから簡単に解約できます。

解約申請しても契約期間満了まで使えます。

ちなみに、リーファは解約申請すると残り30日あったとしても解約申請したらその時点で利用できなくなります。

 

 

他のツールと比較して

他のモノレートの代替ツールと比較します。

リーファ(2200円/月)

中古のコンディション別のグラフとプライムのグラフが見れないのが最大のデメリットです。

料金自体はNEWタイプデルタトレーサーとほぼ変わらないです。

 

ただ表示の速さ・データの見やすさはリーファの方が上です。

表示はめちゃくちゃ速いですし、スマホに合わせて表示されているのでグラフは見やすいです。

せどりツール「リーファ」を実際に使った感想 評判や解約方法は?

 

Keepa(月15ユーロ・年契約140ユーロ(月約1800円、年契約21000円))

Keepaの方が月契約で400円安いです。年契約で約500円安いです。

Keepaの方が中古のコンディション別のグラフが見れたり、プライムの価格が見れたり機能は多いです。

ただめちゃくちゃ動作が遅いです。スマホにも最適化されていないので見にくいです。

ネット仕入れ中心の方はKeepaで大丈夫でしょう。

ただ店舗仕入れの方は速さが重要となりますので、Keepaはかなり使い勝手悪いです。

 

アマコードプロ(4980円/月)

アマコードプロは便利な検索アプリですが、販売履歴のグラフが見れます。

ただリーファ同様中古のコンディション別のグラフやプライムの価格が見れません。

今後導入される予定はあるようですが、まだ実装されていません。

 

アマコードプロは検索アプリとしては優秀なので選択肢としてはありです。

しかも無料のお試し期間もあります。

【完全比較】今はせどりすとプレミアムよりも、「アマコードプロ」

 

せど楽チェッカー(月3000円)

本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃのみですが、独自に販売履歴を取得しています。

メディア系メインならばおすすめです。

注意点や分析の仕方や設定等はこちらの記事で解説しています。

【モノレートの代替?】せど楽チェッカーを実際に使ってみた

 

 

まとめ

NEWタイプデルタトレーサーは改善されて一気によくなりました。

現在リーファやKeepaよりもおすすめです。

NEWタイプデルタトレーサー公式サイト

 

関連記事

【2020年完全版】モノレートの代替ツール ランキング トップ11

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す