LINE公式アカウント追加でプレゼント

【コスパ最強】「アマストリーム」の多機能っぷりがヤバすぎる

今回はアマストリームの評価や評判をまとめました。

 

アマストリームではKeepa契約不要でKeepaのデータが見れます。

アマストリームはアフィリエイト報酬が悪すぎるので、他のサイトでは全く紹介されていません。

また他社の価格改定ツールの「プライスター」「Cappy」「マカド」「D-plus」とも比較します。

 

料金

Cappy 3980円/月
D-plus(ライト) 3980円/月
アマストリーム 4378円/月(プロモーション利用で)
マカド 4980円/月
プライスター 5280円/月
D-plus(スタンダード) 5980円/月
ECザウルス 6458円/月
(年払い5382円/月)

 

アマストリームの主な機能

他のブログを見ているとどのツールでもできるのに、アマストリームにしかできないみたいな書き方をしている方を多く見かけます。

なので、敢えて他のツールでも出来ることも合わせて紹介します。

価格改定機能

他のツールと比較して気づきましたが、どの価格改定ツールでも以下のような基本的な機能は満たしています。

  • FBAまたは自己発送に合わせて価格改定
  • 「良い」などコンディションに合わせて価格改定
  • Amazon本体を除外
  • ポイントを考慮して価格改定
  • 価格改定の上限・下限を設定

これらの機能があれば価格改定ツールとしては十分です。

 

逆に細かい機能があっても多くの方は上手く使いこなせないでしょう。

 

出品効率化

多くの価格改定ツールでは出品効率化の機能は搭載されています。

もちろんアマストリームにもセラーセントラルより使いやすい出品効率化の機能が搭載されています。

 

売上管理(利益率や在庫価格など)

売上管理の機能は基本的にどのツールでも搭載されています。

 

棚卸し

棚卸の機能も基本的にどのツールでも搭載されています。

セラーセントラルから棚卸は可能ですが、色々不便です。

価格改定ツールを利用すれば、ワンクリックで棚卸が完了します。

 

サンクスメール

評価依頼メールです。

サンクスメールも基本的にどのツールでも搭載されています。

あれば便利という程度です。

送るメールの内容次第では不当な返品や苦情、低評価を避けることも可能です。

 

 

アマストリームだけの強み(メリット)

店舗リサーチ機能が最強

Keepaと契約なしでグラフが見れる

これがアマストリームの最大のメリットです。

このデータが見れてかつ価格改定機能やサンクスメールが付いて月4378円はコスパ高すぎます。

3か月分のデータしか見れませんが、十分です。

データ自体はKeepaです。

Keepaは月15ユーロ(約1800円)有料版に入らないと、ランキングの変化が見れません。

アマストリームがKeepaと契約をしているため、契約不要で利用できるとのことだそうです。

Keepaよりもわかりやすし、速いです。

 

WEBツール

アマストリームの店舗リサーチ機能はWEBツールです。

アプリではないので、正直不安定な所もありますが、格安なのであまり文句は言えません。

例えば、プリンターを型番検索したら、インクばかり出てくるみたいなことはよくあります。

WEBツールなので、iPhoneやアンドロイド問わず、PCからでも使えます。

 

カメラ検索機能付き

WEBツールですが、カメラでバーコード検索できます。

読み取り精度についてはかなり高いです。アマコードよりも精度は高いです。

ただしカメラ機能はiPhoneだとsafari、アンドロイドだとchromeのアプリじゃないと使えません。

検索スピードについては気にならない慣れたら気にならない程度のスピードです。

もちろんバーコードリーダーからも検索可能です。

 

最安値に利用するコンディションを指定できる

「良い」以上の商品を表示することが設定できます。

この機能はせどりすとプレミアムやアマコードプロなどちょっと高めの検索アプリにしか導入されていません。

 

例えば本だと「可」で書き込みのある本を切り捨てることが可能です。

ただ実際どのコンディションの最安値なのか表示されていないので、使い勝手が悪いです。

改善を願います。機能自体は良いのにもったいないです。

 

カスタムリンクが設定できる

標準ではAmazon、Keepa、ショッピングリサーチャーになっています。

検索結果のKeepaやショッピングリサーチャーにワンクリックで飛べます。

このボタンは6個まで自由に設定できます。

なみのりは、デルタトレーサーのリンクやAmazonの新品のみの出品者を表示したり、中古のみ、良い以上のコンディションの出品者を表示できるように設定しています。

やり方はnoteに書いています。

 

ライバルの価格情報もWEBツール内で見れる

Amazonに飛ばなくても一応WEBツール内でライバル情報見れます。

なぜかコンディションごとに固まっているので使いにくいです。

要望としては、最安値順に並べて欲しいです。

アマストリームの公式サイトはこちら>
↑30日間無料体験実質中↑

アマストリームの設定note
↑一部無料公開↑

 

拡張機能が地味に便利

chromeのプラグインです。

商品リサーチ機能

無料のモノサーチみたいな機能だと思ってください。ですが、リンク系の関してはモノサーチの方が使いやすいです。

 

他の出品者の在庫数を確認できます。

無料のモノサーチでは廃止された機能です。ライバルの在庫数チェックが1クリックでできます。

同期モードは便利です。

Amazonの商品ページを開いたら、自動で楽天を検索したり、FBAシミュレーターを開く機能です。

これはマルチモニターの人はかなり便利です。iPadをマルチモニターにできるので、やってみるといいでしょう。

 

「在庫管理」拡張機能

セラーセントラルの在庫管理画面を拡張できる機能です。地味に便利です。

 

以下のことが設定できます。

 

個人的には、小型軽量プログラムを使っていることを表示できるのがGOODです。

要期限管理商品の期限が表示されるのも地味に便利です。

要望としては、商品コメントも表示できたらもっと便利かなあって。

あとは最近は在庫の制限制度が導入されたので、その表示も欲しいです。

 

「FBA納品プラン」拡張機能

納品プランを作りながら仕入れ値の入力ができます。

商品ラベルの印刷スタートの場所を決められます。

 

「出荷管理」拡張機能

自己発送向けの機能です。

納品書にレビュー用のQRコードを印刷できるのが面白いです。

納品書にサンクスレターを書けるのがGOODです。

アマストリームの公式サイトはこちら>
↑30日間無料体験実質中↑

アマストリームの設定note
↑一部無料公開↑

 

サンクスメールが多機能

他のツールと比較して、圧倒的にサンクスメールは多機能です。

アマストリーム プライスター Cappy D-plus マカド
自己発送とFBAで変更
新品と中古で変更
SKU単位で除外
時間帯によって配信を除外
SKUごとに文面を作成
HTML対応 スタンダード
のみ対応

特にHTMLが使えるのは強いです。

赤字・太字にしたり装飾が可能です。画像も添付も載せようと思えばできます。

ただ、最初に設定されているテンプレはあれだったら送らない方がマシなくらいひどいです。

なみのり自作のサンクスメールのテンプレはnoteに載せています。

 

通知機能が豊富

他のツールと比較します。

まずマカドですが、LINEで通知機能がありますが、設定できるのはリミット系だけです。

  • 下限価格到達
  • 値下げリミット
  • 初期リミット

 

次にプライスターでは、アプリのプッシュ通知で以下の設定ができます。

  • 価格がストッパーにかかったら通知
  • 1日の値動きがブレーキ額に達したら通知
  • 出品者数が設定した人数以上(以下)になったら通知
  • 最低価格が設定値以上(以下)になったら通知

 

最後にアマストリームです。こんなにも細かくメールで細かく通知が設定できます。

  • 販売中在庫がN個以下になったら
  • カート取得率がN%以上(以下)だったら
  • 利益率がN%以下だったら
  • 改定範囲下限(上限)に達したら
  • 販売価格がN円を下回ったら
  • 改定条件に合致するライバルがいなかったら
  • ライバルがN店以下(以上)になったら
  • 直販がいなかったら(いたら)
  • オンリーワンになったら
  • 同じ集団がいなくて改定できなかったら

 

新機能への意欲が強い

新機能追加のお知らせはブログやTwitterで告知されます。

ブログの更新やTwitterで活動が多くされているツールは機能追加への意欲が高くサポートが良い印象です。

ツールによってはブログの更新自体2年程度されていなかったものもあります。

 

アマストリームはしっかり定期的に更新されているので安心できます。

Chromeの拡張機能の「アマストリーム会員様専用ツール 2」も更新履歴を見るとしっかり更新されていることが伺えます。

 

ユーザーの希望をよく叶えていて、痒いところに届く地味に便利な機能を頻繫にリリースしています。

新機能のお知らせはブログで更新されますが、ブログの更新頻度はかなり高いです。

 

アマストリームの弱み(デメリット)

出品機能が致命的に使いにくい

アマストリームの最大のデメリットは出品機能です。

アマストリームは出品機能については癖が強くかなり使いにくいです。

感覚で使える感じではないです。慣れるのに時間も掛かります。

出品機能を重視したい方はプライスターにした方がいいです。

 

アマストリームさんに当記事を見て頂きました。出品のテンプレについては改善を検討しているとのことです。

特に初期設定でプリセットされている設定はひどすぎます。

少しでも使いやすくなるようになみのりがガラッと変えました。

設定はnoteで公開しています。

 

子アカウント機能がない

外注用に権限を限定させる機能です。

プライスターでは3個子アカウント作れるのに、アマストリームは1個も作れません。

それ以前にアマストリームの出品機能は使いにくいので、必要はないです。

外注化を視野に入れている方はプライスターにした方がいいです。

 

使い方がわかりにくい

多機能なのはいいのですが、機能が多すぎて全体的に散らかっています。

アマストリームさんの公式ブログの解説もちょっとわかりにくいです。

しかもブログで解説している人も皆無なので、ググってもでてきません。

おすすめの設定についてはnoteに書いています。

 

プロモーション割引を利用する方法

プロモーション割で、通常4980円(税抜)3980円(税抜)で利用できます。

キャンペーンコード:「L41XWrW9kH

アマストリームを契約した後に、自分でお問い合わせから申告する必要があります。

 

お問い合わせを開く

まずはお問い合わせを開いてください。

新規お問い合わせをクリックします。

 

キャンペーンコード入力

キャンペーンコード申請を選んでください。

自動でテンプレが出るので、キャンペーンコード「L41XWrW9kH」を入力してください。

 

なぜ誰もアマストリームを紹介しないの?

他のブログを見ると、アマストリームを紹介しているブログはありません。

「価格改定ツール 比較」で検索しても大体アマストリームは除外されています。

 

理由は簡単です。他のツールと比較してアフィ報酬の条件が絶望的に悪いからです。

だから誰も紹介しないし、比較もしたがりません。

他のブログは報酬目的でブログを書いているので、機能を比較する気がありません。

 

ですが、なみのりは本当にアマストリームは出品機能以外は満点で良いツールだと思っているから紹介しています。

 

ただ本当に報酬の条件が悪すぎます。

苦肉の策ですがアマストリームのおすすめの設定やサンクスメールのテンプレをnoteで販売することにしました。

買っていただけたら幸いです。

アマストリームの公式サイトはこちら>
↑30日間無料体験実質中↑

アマストリームの設定note
↑一部無料公開↑

 

出品機能を重視するならばプライスターがおすすめ

今回他のツールを実際に試してわかりましたが、プライスターで当たり前にできることが他のツールでできなくて不便なことが多かったです。

とにかくプライスターの出品機能が使いやすかったです。

プライスターの出品機能が強すぎる

しつこいですが、出品は絶対することなので重要視します。

他のツールを使ってみてわかりましたが、とにかくプライスターの出品機能が使いやすかったです。

唯一カテゴリー・コンディション別に細かくテンプレが作れる

これは他のツールを試して気づきました。

 

商品説明は特典や付属品の有無以外は基本ほとんど同じなので、テンプレート機能があれば効率的に出品ができます。

 

ですが、商品説明はカテゴリーやコンディションごとに異なります。

本であれば、「書き込みありません」、DVDであれば「傷がありません」みたいな。

プライスターではカテゴリーやコンディションごとに細かく設定できます。

これがかなり便利です。

 

例えば、本をスキャンしたら、本カテゴリーのテンプレが出ます。

DVDをスキャンしたら、DVDカテゴリーのテンプレが出ます。

さらにコンディションを選べば、設定したテンプレが出せます。

 

例えば、本カテゴリーならば以下のように定型文を作っている方が多いでしょう。

1回設定していたら、これをワンクリックで出せます。

  • ほぼ新品「新品同様綺麗です」
  • 非常に良い「中古品ですが、状態が非常に良く書き込みありません」
  • 良い「中古品ですが、書き込みありません」
  • 可「書き込みあります。読めれば良いという方のみご購入ください」

 

せどりすとプレミアムとプライスターの出品機能は細かくテンプレートが作れるので当たり前になっていましたが、意外と他社のツールではテンプレート機能が弱かったです。

どのツールも自己発送とFBA別のテンプレは作れるようでした。

 

一応テンプレ機能を他のツールと比較です。

プライスター 唯一カテゴリー・コンディション別にテンプレが作れる
D-plus コンディションごとにワンクリックでコメント作成
アマストリーム ワンクリックでコメント作成
Cappy ワンクリックでコメント作成
マカド コンディションごとに作成(※前回登録した商品から引き継ぎ可能)

ワンクリックでコメント作成機能でも便利ですが、クリックするものを探す手間が発生します。

マカドは「商品コンディション」「下限価格」「仕入れ価格」を前回登録した商品から引き継ぎが行われます。

プライスターの公式サイトへ>
↑30日間無料体験実質中↑

 

SKUで検索して納品プランが作れる

アマストリームは自前のツールで商品登録するのが前提となっています。

SKUの使い回しや他の検索アプリで作った商品登録での納品プランの作成を想定していません。

個人的には仕入れ値と出品価格だけ変更して、SKUを使い回すのが出品は楽です。

 

プライスターでは過去にSKUを作成した(商品登録)をした商品を出品しようとすると、過去に作ったSKUやコンディションや商品コメントが一覧で表示されて選べます。

もちろん新しく作り直すことも可能です。

他のツールでの商品登録や、SKUの使い回しを想定しているのはプライスターだけでした。

プライスターの公式サイトへ>
↑30日間無料体験実質中↑

 

さらにスピード納品が最強すぎる

俗に言うスキャン納品です。

 

ラベルプリンターを使って1枚1枚ラベルを印刷して納品するので、ラベルを探す手間がなくなります。

created by Rinker
¥14,850 (2020/08/07 15:39:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ラベル印刷と納品プランの作成が同時にできるので、超効率的に納品できます。

スキャン納品導入してから納品不備もほぼ起こらなくなりました。

 

セラーセントラルで出来ていたスキャン納品ですが、廃止されました。

プライスターで使えるようになりました。

スピード納品ができるのはプライスターのみです。

 

スキャン納品(スピード納品)の使い方や設定についてはこちらの記事で解説しています。

【神対応】プライスターがスキャン納品を実装 設定と使い方

 

商品ラベルに商品の写真が入れることができる

商品ラベルを24面印刷したときに商品画像が入っていたら、どの商品のラベルか非常にわかりやすいです。

貼り間違いを防げます。

調べた所マカドではできないようです。

他のツールも商品ラベルに商品の画像を印刷できるかどうか調べました。

 

スマホアプリから中古商品の写真撮影が可能

プライスターはスマホアプリから出品可能です。(iPhoneのみ対応)

スマホアプリから中古商品の写真撮影ができるので非常に便利です。

 

一応アマストリームもスマホから写真撮影可能ですが、アプリではないので少し使い勝手悪いです。

プライスターの公式サイトへ>
↑30日間無料体験実質中↑

 

スマホアプリで出品が完結する

プライスターのスマホアプリはこれ全てがスマホで完結します。

  • 商品登録
  • 中古写真撮影
  • 納品プラン作成
  • 商品ラベル、納品ラベル印刷

やろうと思えば、出先でPCなしでスマホだけで納品完了することが可能です。

 

プライスターの弱み

料金

900円くらいアマストリームの方が安いです。

ですが、日頃からたくさん納品する人からすれば、プライスターはめちゃくちゃ出品しやすいので、900円以上の価値はあるでしょう。

Cappy 3980円/月
D-plus(ライト) 3980円/月
アマストリーム 4378円/月(プロモーション利用で)
マカド 4980円/月
プライスター 5280円/月
D-plus(スタンダード) 5980円/月
ECザウルス 6458円/月
(年払い5382円/月)

 

仕入れの機能が致命的

アマストリームにはモノレートの代替となるような機能が実装されていてかなり便利です。

 

一応プライスターにもアプリで使えるプライスターリサーチという機能が実装されましたが、使いものにならないです。

どういう基準で10段階を表示しているのかアルゴリズムが全く公表されていません。

数学の公式の証明も教えられていないのに、公式だけ教えて問題を解けと言われているような状態です。

だから使い方もわからないし、プライスターリサーチはランキングだけを見て仕入れしている状態と変わらないです。

 

あと、プライスターのアプリには価格を取得するのに、中古「良い」以上などコンディションで絞る機能がありません。

ライバルの価格を見るにも、一々Amazonに飛ばないといけないので、効率は悪いです。

仕入れに関しては使いやすさだけで言えば、無料版のアマコードの方が使いやすいです。

 

リンクがKeepaとAmazonのリンクしかないのもマイナス点です。

デルタトレーサーとかショッピングリサーチャーとか、Amazonの中古の出品者一覧とか自由にリンクをカスタマイズできません。

リクエストしたら改善される可能性はあるでしょう。

 

プライスターのアプリは出品の機能はめちゃくちゃ強いのですが、仕入れの機能は弱いです。

別途アマコードプロやなど検索アプリを契約する必要があります。

【完全比較】今はせどりすとプレミアムよりも、「アマコードプロ」

 

まとめ

1位アマストリーム(コスパ重視)

コスパを重視したい人におすすめです。

月4378円でKeepaと同様の機能が使えます。しかもKeepaよりも見やすくて速いです。

Keepaの有料版は15ユーロ(約1800円)です。

4378円-1800円=およそ2378円で価格改定やサンクスメールや拡張機能を使えると考えればコスパ最強です。

ただし、出品機能については使いにくいので、出品を重視する人は2位で紹介するプライスターの方がおすすめです。

アマストリームの公式サイトはこちら>
↑30日間無料体験実質中↑

アマストリームの設定note
↑一部無料公開↑

 

2位プライスター(出品機能重視)

とにかくプライスターは出品の機能が使いやすいです。

アプリから楽々出品できますし、スピード納品も便利です。

月200SKU以上納品する方におすすめです。

外注化させたい人にもおすすめです。

プライスターの公式サイトへ>
↑30日間無料体験実質中↑

 

関連記事

【2020年最新】せどりの価格改定ツールランキング 10社徹底比較!!

 

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す