LINE公式アカウント追加でプレゼント

せどりの価格改定ツール「マカド」をおすすめしない理由

マカドはアフィリエイト報酬が高いので多くのブログで紹介されています。

実際に使ったリアルな評判や評価をまとめました。

他の「プライスター」「アマストリーム」「Cappy」「D-plus」とも比較します。

 

料金

Cappy 3980円/月
D-plus(ライト) 3980円/月
アマストリーム 4378円/月(プロモーション利用で)
マカド 4980円/月
プライスター 5280円/月
D-plus(スタンダード) 5980円/月
ECザウルス 6458円/月
(年払い5382円/月)

 

 

マカドの主な機能

他のブログを見ているとどのツールでもできるのに、マカドにしかできないみたいな書き方をしている方を多く見かけます。

なので、敢えて他のツールでも出来ることも合わせて紹介します。

価格改定機能

他のツールと比較して気づきましたが、どの価格改定ツールでも以下のような基本的な機能は満たしています。

  • FBAまたは自己発送に合わせて価格改定
  • 「良い」などコンディションに合わせて価格改定
  • Amazon本体を除外
  • ポイントを考慮して価格改定
  • 価格改定の上限・下限を設定

これらの機能があれば価格改定ツールとしては十分です。

 

逆に細かい機能があっても多くの方は上手く使いこなせないでしょう。

 

出品効率化

多くの価格改定ツールでは出品効率化の機能は搭載されています。

もちろんマカドにもセラーセントラルより使いやすい出品効率化の機能が搭載されています。

 

売上管理(利益率や在庫価格など)

売上管理の機能は基本的にどのツールでも搭載されています。

 

棚卸し

棚卸の機能も基本的にどのツールでも搭載されています。

セラーセントラルから棚卸は可能ですが、色々不便です。

価格改定ツールを利用すれば、ワンクリックで棚卸が完了します。

 

サンクスメール

評価依頼メールです。

サンクスメールも基本的にどのツールでも搭載されています。

あれば便利という程度です。

送るメールの内容次第では不当な返品や苦情、低評価を避けることも可能です。

 

 

マカドの強み(メリット)

デザインが綺麗・操作性が良い

デザインや感覚的に使える操作性は問題ありませんでした。

 

価格改定の時間指定

例えば、マカドでは夕方とか深夜とか価格改定の除外できる時間を指定できます。

この機能はマカドとおそらくD-plus(スタンダード)にしか搭載されていません。

 

LINE通知

下限価格、値下げリミット、初期リミットに引っかかってしまった商品の通知をLINEに来ます。

これは便利かもしれません。

 

ヤマドと連携

ヤフオク仕入れに特化したツールです。

ヤマド自体はマカド利用していなくても無料で利用できます。

ですが、この真贋調査が多発しているご時世ヤフオク仕入れはおすすめできません。

 

機能追加の意欲がある

機能追加の意欲についてはブログやTwitterを見ればわかります。

お知らせや告知はブログやTwitterを通して行われます。

だから、ブログの更新やTwitterで活動が多くされているツールは更新意欲が強い印象です。

ツールによってはブログの更新自体2年程度されていなかったものがあるなかで、マカドは定期的に更新されている印象を受けました。

 

 

マカドの弱み(デメリット)

出品機能が微妙

マカドは他のツールと比較して、商品登録で細かくテンプレが指定できないのが大きなマイナス点でした。

一応テンプレ機能を比較です。

プライスター 唯一カテゴリー・コンディション別にテンプレが作れる
D-plus コンディションごとにワンクリックでコメント作成
アマストリーム ワンクリックでコメント作成
Cappy ワンクリックでコメント作成
マカド コンディションごとに作成(※前回登録した商品から引き継ぎ可能)

ワンクリックでコメント作成機能でも便利ですが、クリックするものを探す手間が発生します。

マカドは「商品コンディション」「下限価格」「仕入れ価格」を前回登録した商品から引き継ぎが行われます。

 

また、一応出品機能を使ってみる限り、現在出品している新品のFBAの商品を出品したら、自動でそのSKUが表示される仕組みのようです。

 

商品ラベルに商品の写真が入れることができない

商品ラベルを24面印刷したときに商品画像が入っていたら、どの商品のラベルか非常にわかりやすいです。

貼り間違いを防げます。

調べた所マカドではできないようです。

他のツールでも多くは商品ラベルに商品の画像を印刷できるので、大きなデメリットです。

商品ラベルに商品の画像の印刷
プライスター
D-plus ✖(記載なし)
アマストリーム
Cappy
マカド ✖(記載なし)

 

絶対に必要な強みがない

他のツールと比較して基本的な機能をマカドは網羅されています。

LINE通知などあれば便利な強みはありますが、だからマカドを選ぶという決め手に欠ける印象でした。

 

また通知機能自体は他のツールでも実装されています。

マカドにで設定できるのはリミット系だけです。

  • 下限価格到達
  • 値下げリミット
  • 初期リミット

 

プライスターでは、アプリのプッシュ通知で以下の設定ができます。

  • 価格がストッパーにかかったら通知
  • 1日の値動きがブレーキ額に達したら通知
  • 出品者数が設定した人数以上(以下)になったら通知
  • 最低価格が設定値以上(以下)になったら通知

 

アマストリームとCappyではメールで細かく通知が設定できます。

  • 販売中在庫がN個以下になったら
  • カート取得率がN%以上(以下)だったら
  • 利益率がN%以下だったら
  • 改定範囲下限(上限)に達したら
  • 販売価格がN円を下回ったら
  • 改定条件に合致するライバルがいなかったら
  • ライバルがN店以下(以上)になったら
  • 直販がいなかったら(いたら)
  • オンリーワンになったら
  • 同じ集団がいなくて改定できなかったら

 

 

価格改定ツールおすすめランキング

1位アマストリーム(コスパ重視)

アフィリエイト報酬が絶望的に悪すぎるので、誰も紹介していません。

本当にあまりにも報酬が悪すぎるので設定方法をnoteで販売しています。

 

プロモーションコード「L41XWrW9kH」利用で月1000円(税抜)割引になります。

コスパを重視したい人におすすめです。

 

月4378円でKeepaと同様の機能が使えます。しかもKeepaよりも見やすくて速いです。

Keepaの有料版は15ユーロ(約1800円)です。

4378円-1800円=およそ2378円で価格改定やサンクスメールや拡張機能を使えると考えればコスパ最強です。

 

ただし、出品機能については致命的に使いにくいので、出品を重視する人は2位で紹介するプライスターの方がおすすめです。

アマストリームの公式サイトはこちら>
↑30日間無料体験実質中↑

アマストリームの設定note
↑一部無料公開↑

 

2位プライスター(出品機能重視)

とにかくプライスターは出品の機能の使いやすさについてはピカイチです。

アプリから楽々出品できますし、スピード納品も便利です。

月200SKU以上納品する方におすすめです。

外注化させたい人にもおすすめです。

プライスターの公式サイトへ>
↑30日間無料体験実質中↑

 

3位自価調(低価格重視)

PCインストール型なので電源切ったら動作しなくなるので、デスクトップクラウドと併せて使うのがおすすめです。

出品ツールもセットになっているので、コスパ最強です。

 

お名前.com デスクトップクラウド も併せても年契約で月換算で2184円(税込)なのでかなりランニングコスト抑えられます。

ただし、もしKeepaを別途契約するならば、、アマストリームとほぼ価格が変わらなくなるので、アマストリームの方がおすすめです。

自価調の公式サイトへ>
↑14日間の無料試用付き↑

お名前.com デスクトップクラウドの公式サイトへ>

 

詳しい比較はこちらの記事でしています。

【2020年最新】せどりの価格改定ツールランキング 11社徹底比較!!

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す