LINE公式アカウント追加でプレゼント>>

【2021年完全版】ヤマト運輸・パートナーキャリアの使い方 計算エラーの原因は?

2021年4月22日からヤマトのパートナーキャリアが始まりました。

使い方の流れがわかりにくいので、なみのりが簡単にまとめました。

 

また、多くの人が困っている「配送料を計算できません。しばらくしてから再度お試しください。」の対処法も書いています。

 

 

キャンペーン実施中

現在1.5万円分使えるプロモーション実施中です。

2021年10月15日までに1回でも利用すれば、2022年4月14日まで割引が受けられます。

 

ちなみに、初回のみの利用で最大1.5万円引きという噂がありますが、合計で上限1.5万円に到達するまで何回も使えます。

 

 

送料はいくら?

送料はほんの一例しか公開されていません。

最大67%引きとなっておりますが、サイズや地方によって割引率が異なるのが表から読み取れます。

割引率からして160サイズだからお得とかもないみたいです。

サイズ 距離 パーキャリ 通常料金 割引率
140サイズ 関東~関東間 608円 1,850円 67%引き
関東~関西間 857円 1,960円 56%引き
160サイズ 関東~関東間 762円 2,070円 63%引き
関東~関西間 1,120円 2,180円 48%引き

 

ちなみに、納品プランから「計算する」のボタンを押さないと料金がわかりません。

ですが、現在プロモーション実施中なので1.5万円使い切るまで0円になる仕様です。

なので、本来掛かる送料はプロモーションの1.5万円使い切るまでブラックボックスになっています。

1.5万円使いきらないと本来の料金はわかりません。

テクニカルサポートに問い合わせましたが、本当に料金表とかもなくて地域・サイズによって複雑な計算しているっぽいです。

 

 

利用要件

160サイズ・25kgまで

ヤマト便は30kgまでですが、パートナーキャリアなど普通の宅急便は25kgまでです。

ちなみに、現在はみなさんご存じの通り15kg以下にしなければなりません。

 

チョコレート・危険物不可

現状温度管理が必要なものやアルコールなど危険物はパーキャリ不可です。

 

リチウム電池はOKになった

最初リチウム電池内蔵の商品を納品すると、「配送料を計算できません。しばらくしてから再度お試しください。」とエラーを起こしていました。

ですが、4月27日から納品できるようになりました。(たった5日で対応ってAmazonさん頑張ったなあ)

 

 

ヤマトのパートナーキャリアの使い方

プリンターがあること

もしプリンターを持っていない方がいれば、この際買いましょう。

ブラックのみが印刷できるレーザープリンターがコストが抑えられておすすめです。

なみのりもこれを使っています。

 

ヤマト運輸の営業所にラベル台紙を貰う

まずは、印刷するのに専用のラベル台紙が必要です。

ラベル台紙は直接ヤマトの営業所に貰いに行きましょう。

 

ヤマトではラベル台紙に種類がたくさんあって番号が振ってあります。

「322番(レーザプリンター用)のラベル50枚ください」

「396番(インクジェット用)のラベル50枚ください」って言いましょう。

レーザー用とインクジェット用では少し厚さが異なるみたいです。(たぶんどっちでも印刷はできるはず)

 

ちなみに、営業所によっては「台紙はビジネス契約している所しか渡さない」とか言うところがあるようです。

そういう営業所は話をするだけ無駄なので、別の近くの営業所に貰いに行きましょう。

どんなに田舎でも隣町には別のヤマトの営業所あるはずです。

 

納品プランを作る→パートナーキャリアのヤマト運輸選択

そして、Amazonのセラーセントラルから納品プランを作ります。

FBAパートナーキャリアのヤマト運輸を選択します。

 

サイズ・重さ入力

そして箱のサイズを測って入力します。

 

ここで入力するサイズで送料が決まります。

まず重さは適当でいいです。今であれば15kgと入力すれば問題ないかと

サイズについては140サイズなら140サイズに収まるように入力すればいいようです。

Amazonも「ざっくりでいいよ」と明言しています。

 

ただ「あまりにも頻繁に全然違う値を入力しまっくていたら、パーキャリ利用停止させるかも」とは書いています。

 

ちなみに、規約を見る限り、160サイズで入力したけど本当は140サイズだった場合160サイズの料金が請求されるっぽいです。(実際はわからない)

逆に140サイズで入力したけど、160サイズだった場合はきっちり160サイズ請求するようです。

 

あと、iPhone 12 Pro ならLiDAR スキャナを使って簡単にダンボール計測できます。

 

 

それ以外の方であれば、ちょっと値が張りますがデジタルメジャーがあると計測が楽です。

 

 

ちなみに、こちらはスマホアプリを使うことでBluetooth経由で身体を測定できます。

 

 

 

計算するを押す

計算するを押して承認してください。(計算エラーの対処法は後程解説します)

 

ちなみに、承認したら3時間後に確定されます。

確定されたら荷物を送らなくても請求されるようです。

もし、納品ミスった場合は3時間以内であればキャンセルできます。

ちなみに、日本郵便は24時間ですが、ヤマトは3時間です。

 

 

だから、絶対納品が間違っていないことを確認して承認しましょう。

 

 

ラベル印刷→貼り付け

ヤマトの営業所で頂いた台紙に印刷して、ダンボールに貼り付けます。

 

集荷or持ち込み

次は集荷します。別に営業所に持ち込んでもOKです。(コンビニは不可)

WEBから申し込むのがベターです。

クロネコメンバーズ(無料)に入っていたら、自分の住所を入力する必要がないので簡単にできます。

 

着払いを選択します。(伝票は発払いになっていますが)

 

ここからが重要です。

ドライバーさんはまずFBAパートナーキャリアを知りません。

「え?なにこれ」ってパニックになっているケースが多いようです。(しかも伝票は発払いだし)

だから、最初の間は補足の所に一言書きましょう。

一応例です。

ここまでやっていれば、スムーズにいくでしょう。

 

「荷確」(にかく)というのは本来は集荷するときに、ドライバーさんが大きさを測って端末に入力しなければならないようですが、端末に荷確って入力すれば測らなくてもいいみたいです。(真偽は不明)

ビジネス契約している方が荷確をよく使うみたいです。

 

まだ、パーキャリ自体導入されたばかりなので、ドライバーさんがごたつくことがあるかもしれませんが、温かい目で見守りましょう

 

 

計算エラーの原因は?

計算するのボタンを押すと、「配送料を計算できません。しばらくしてから再度お試しください。」というエラーが頻出しています。

パートナーキャリア使えないFC

実はパートナーキャリア使えないFCがあります。

以下のFCでは使えません。

  • 高槻FC (TPF3 )
  • 印西FC (TPF6 )
  • 茨木FC (KIX3 )
  • 川崎FC (HND9 )
  • 柏FC (VJNA )
  • 門真FC (VJNC )
  • 立川FC (VJND )
  • 戸田FC (TPFC )
  • 阿見FC (TPX1 )
  • 八幡FC (TPFD)

使えないFCが出たら、少し時間を置いて納品プランを作り直して、パーキャリ使えるFCを出しましょう。

 

チョコレート、特殊大型、危険物

温度管理が必要なものや、170サイズや25kg以上の商品やアルコールには使えません。

 

 

ヤマト便と比較

ここではみなさんよく使っているヤマト便と比較します。

追記:

ヤマト便廃止が決定しました。

代替策や今後のせどりの戦略はこちらの記事で考えてみました。

ヤマト便廃止の代替策&せどりの今後の戦略について

 

箱での料金

普通の宅急便は1箱〇〇円と計算しますが、ヤマト便は全箱で〇〇円と計算しますので、相対的にかなり安くなります。

 

ヤマト便は制限が緩い

30Kgまで(比較:パーキャリは25kgまで)

3辺合計が200cmまで送れる※1辺の長さは170cmまで

 

無理に1箱押し込まなくていい

通常宅急便では1箱で送った方が安いので、今納品する商品に合うダンボールを探さなければなりません。

この作業がめんどくさいです。

ですが、ヤマト便なら箱が増えても料金変わらないので、その辺にある余ったダンボールで送れます。

 

集荷の時間指定不可

ヤマト便では集荷の時間指定できません。

パートナーキャリアは可能です。

 

ヤマト便をドライバーさんは嫌がっている

ヤマト便はドライバーさんの報酬単価が安い上に、トラックがパンパンになるのでドライバーさんは嫌がっています。

パートナーキャリアであれば、宅急便扱いなので嫌がられることはないと思われます。

 

パートナーキャリアならため込む必要がない

ヤマト便はある程度まとまった量を発送しないと安くありません。

だからみなさんヤマト便を使う為にため込んでいる場合が多いです。

せどりで一番大事なことは仕入れたら、すぐ売ることです。

売らないと利益になりません。

在庫を回転させるという意味では、1箱から気軽に発送できるパーキャリの方がおすすめです。

 

小さいサイズの重い荷物を大量に送るのにおすすめ

本とか重いものを大量に送るにはヤマト便の方がおすすめです。

パートナーキャリアで使えないチョコレートや、危険物もおすすめです。

ただし、ヘアワックスやスプレー缶など引火性危険物はヤマト便で送れません。

追記:

ヤマト便廃止が決定しました。

代替策や今後のせどりの戦略はこちらの記事で考えてみました。

ヤマト便廃止の代替策&せどりの今後の戦略について

 

 

エコムー便と比較

正直ヤマトのパートナーキャリアの方が安いのでほぼ使わないでしょう。

160サイズ30kgまで

現在15kg制限あるので、正直あまり使わないです。

 

プライスター急便で200円引き

プライスターに入会している人であれば、通常料金から200円引きで使えます。

ただこれでも、一例を見る限り200円~300円パーキャリの方が安いです。

 

引火性危険物もOK

エコムー便は佐川急便です。

スプレー缶など引火性危険物を送れるのは大手では佐川急便だけです。

ゆうパックやヤマトの宅急便では送れません。

引火性危険物を送るにはエコムー便おすすめです。

 

エコムー便について詳しくはこちらで解説しています。

エコムー便ってどうなの? 何度か使ったリアルな感想

 

最後に

わからないことはテクニカルサポートまたはヤマト運輸に直接聞いてください。

なみのりに聞いても答えません。

 

 

おすすめのダンボール

ダンボールはスーパーなどで貰って来た方が無料で手に入りますが、買った方が測ったり、探す手間が無くなるので楽です。

140サイズ

おそらくですが、パーキャリの一例の料金を見る限り140サイズが一番お得です。

140サイズの方が小回りが利くので使い勝手がいいです。

 

楽天で30枚セットを購入するのがおすすめです。

 

160サイズ

160サイズのダンボールを無料で集めるのは難しいです。

しかもAmazonのルールでは納品のダンボールが50×50×60じゃないといけません。

そんなダンボール早々ないです。

160サイズのダンボールは買うのが一番楽です。

 

以前はKILATというサイトがまとめ買いで一番お得でしたが、現在はあまり安くありません。

 

今一番お得なのは楽天です。

20枚セットでこの価格ならば非常に安いです。

お買い物マラソンなどを利用して買えばさらにお得です。

レビューを見ると、薄いってめちゃくちゃ書かかれていますが20kg程度であれば問題ないでしょう。

 

また、こちらの1辺72cmのダンボールの方が安いです。

ぶっちゃけ受領はできるとは思いますが、受領不可になったら元もこうもないので避けたほうが無難でしょう。

 

 

関連記事

【2021年最新】チョコレートのFBA納品方法 申請方法と注意点 【2021年完全版】FBAに納品する「危険物」判別(確認)・やり方

 

友達追加で2本プレゼント!!
不定期でブログにも書いていないことを配信しています。

友だち追加

コメントを残す